2010のこと 

今年一年を振り返ることにしてみましょう。
まず年明け早々、新しい職場で働き始めます。
電動ドライバーでネジを緩めたり締めたりする仕事。
この時期、失恋直後のため暗闇の海の中を漂うような毎日。
そんななかの単純作業は、すぐに意識がはるかかなたに飛んでいき、非常につらい毎日。

とりあえず、電車の中で小説を読みまくる、けっこういろんな小説を読めたと思う。
最近は全然読んでない。

あまりのつらさでミクシイでつぶやいてみたところ、マイミクのウッチーさんがコンパを開いてくださる。
しかし、まだちゃんと立ち直れてなかったので、あまり雰囲気にのれずに申し訳ないことをしたと、すごく落ち込む。

4月、出勤途中、音楽プレイヤーからビブリボンの曲が流れて
この動画の3:00くらいから始まる歌)
俄然、やる気が出てきて色々がんばっていこうと暗闇から這出ることができたことを覚えています。
で、おなじころマイミクさんたちと花見にいって、気分よく酔っ払ったり
そらのまめの花見にいって気分よく酔っ払ったりして、2010年で一番楽しい日々でした。

5月位でしたか「そらのまめ」での企画展「LOVE80」に参加。
職場の人に写真撮影を手伝ってもらったりして、けっこうがんばって制作しました。

6月はそらのまめや神戸のトンカ書店のイベント「パブリッシュゴッコ」で誕生日を祝ってもらったりしてうれしかったです。
働いていたところも6月いっぱいで契約切れ、送別会を開いていただく。
借りてた本「尾崎翠全集」の「第七官界彷徨」がガツーンとキタ。

夏は大阪のいろんなギャラリーが共同で行うみたいなアートイベント「ピースサマー」
おなじみ「そらのまめ」から参加。
オリジナルのてぬぐい、ふんどしを作るというもので
「冒険少女」「痛快乙女みよちゃん」のワンシーンをプリントしたものを作りました。
この頃マンガを描くのをやめたくなる。
山坂書房のO氏に話を聞いてもらう。

9月は「冒険少女」の単行本のおまけ?部分とi-phoneアプリのための原稿をちゃんとする作業。
蒼室さんの「紙の音楽会」というイベントに行く。
猫町さんタテイシさんらとお話やフリーペーパーづくりの体験ができて楽しかった。
Blue in the Faceさんのおかげで 末にi-phoneアプリが公開開始される。
ありがたいことです。

10月はじめ、単行本香山哲さんのおかげで完成。ほんとうに感謝してます。
関西コミティアに「冒険少女」を持って、自分のブースで参加。
たくさんの方に買っていただく。

11月、アンドロイドの方でもマンガの公開がはじまる。
そらのまめで「冒険少女」の即売会を開いていただく。
トンカ書店でのイベント、パブリッシュゴッコ。「冒険少女」を買ってくださる方、
マンガの感想を下さる方もいらしたり、トンカ書店で「冒険少女」を扱っていただけるようになったりした。
顔画工房の映画にちょい役で出演。炭子部山貝十先生はいつもしんどそうだが、この時はとくに体調が悪かったみたい。
マーガレットでも「冒険少女」を置いてもらう。
このころ、これから描くマンガの方向性が定まって、やる気がみなぎる。

12月、i-phoneアンドロイドアプリ向けに、本格的にマンガを描き始める。
あまり外に出ないようにする。
第二回「尻プロ大映画祭」に行く。
笑って楽しい一日だった。
ゲーム会社勤務のkさんからゲームの話を聞いたりもできて、ほんとよかった。
京都のありの文庫さんでも「冒険少女」を取り扱っていただくことに。
クリスマスがすぎた頃に、i-phone、アンドロイドアプリ向けのマンガの原稿が一本できた。

今年はいろんな人にお世話になった一年でした。
ほんとうにありがたいことです。
まさに「ありがとうってつたえたくて」です。2010年は。
あと、新たにたくさんの人と出会えたり、
あまり話したことがなかった方とも親しくお話させてもらったりするようにもなりました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

twitter
フォロー
asitamo619をフォローしましょう
プロフィール

アシタモ

Author:アシタモ
ゆかいでほがらかなマンガを描くやりすぎコテコテ昭和な漫画家・アシタモ。
代表作「冒険少女」「痛快乙女みよちゃん」など

最新記事
最新コメント
スポンサーサイト
スポンサーサイト
スポンサーサイト
スポンサーサイト
スポンサーサイト
スポンサーサイト
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR